2008年01月27日

一度は建長寺を訪ねなさい

建長寺は、臨済宗建長寺派の大本山で鎌倉五山の第一位。1253年(建長5)に5代執権北条時頼が、宋の高僧蘭渓道隆[らんけいどうりゅう]を開山として創建したわが国初の禅宗専門道場。最盛期には七堂伽藍を備え、1000人以上もの修行僧がいたという。たび重なる火災で当初の建物は焼失したが、江戸時代に沢庵(たくあん)禅師によって復興された。現在の堂宇は近世の再建や移築だが総門、三門、仏殿、法堂[はっとう]などが一直線に並び、中国宋時代の典型的な禅宗様式の伽藍配置を残している。山内では今も厳しい修業が行われ、いかにも禅寺らしい厳かな雰囲気に包まれている。桜や紅葉など四季の彩りも美しい。
posted by ホビーマン at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。